2015年06月11日

さよなら,クリストファー・リー

英国の名優クリストファー・リーが亡くなりました。
93歳だったそうです。
この年齢まで現役の俳優として活躍していたのが素晴らしい。

クリストファー・リーと言えば,やはり吸血鬼役ですね。
あまり古い映画を観ない自分にもそのことは刷り込まれています。
近年では『指輪物語』『ホビット』のサルマン役でありましょう。
作者のJ.R.R.トールキンとも親交があったというのが素敵です。
エルフ語の理解出来る俳優でもありました。
個人的にはHMバンドのRHAPSODY OF FIREとの関係も忘れ難いものがあります。
HMシンガーとしての活躍は流石に体験していませんけれども。

何はともあれ,おつかされさまでした。
そして,たくさんの楽しみをありがとうございました。
貴方の姿は永遠に銀幕の中に残ることでありましょう。
posted by 森山樹 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報