2016年02月16日

PERSONA3 The Movie #4 Winter of Rebirth

〈2016年映画感想8本目〉
PERSONA3#4.jpg

PERSONA3 The Movie #4 Winter of Rebirth
2016年 日本 105分
監督:田口智久
配給:アニプレックス
声の出演:石田彰,豊口めぐみ,鳥海浩輔,田中理恵,緑川光,能登麻美子,坂本真綾,緒方恵美,中井和哉,田の中勇,沢城みゆき

 テレビゲームを原作とした『PERSONA3 The Movie』4部作の最終章。望月稜時がその正体を明かしてから,結城理たちが最後の戦いに勝利するまでが描かれます。これまでの3作同様に総集編という印象は拭えませんでしたが,それでも今回は描かれる期間が短かった割には上映時間が長かったので,或る程度はしっかり書き込まれたように思えます。特にニュクス・アバターとの決戦はテレビゲーム版をほぼ再現されたというのが素晴らしい。アルカナを変える度に姿と戦術を変えるニュクス・アバターを相手に対応するペルソナで対峙する理が実に格好いい。尤も,テレビゲーム版とは異なり,ニュクス・アバター戦から既に理ひとりでの戦いとなっています。理をニュクス・アバターと対峙させる為に血路を切り拓く仲間たちが頼もしかったです。なお,ヒロインは完全にアイギスとなっていました。それはそれで物語上は十分に納得出来ますが,ゆかりの扱いがあまり良くなかったのは残念。原作通りと言ってしまえば,それまでなのかもしれませんけれども。現実を目の当たりにして葛藤する仲間たちの姿は良かったです。その葛藤を乗り越えて,希望を見出す姿が本当に眩しく思えました。

 今回は過去の3作ではそれ程目立つところのなかったエリザベスが重要な役割を担っていたのが嬉しい。アイギスとは違う形で,彼女もまたヒロインだったのでありましょう。このあたりの描写はPSP版の『ペルソナ3ポータブル』を楽しんだ身としては懐かしく思えました。一方で残念だったのは仕方の無い面はあるのですが,仲間たちのペルソナが進化する様が一気にまとめて扱われたこと。このあたりは前作でヘルメスからトリスメギストスに進化した順平が一番優遇されていたような気がします。また,タカヤとジン,ふたりになったストレガとの最終決戦が理抜きとなったのはやはり残念な気がしますが,これはこれで物語としては成立するのでいいのかなあ。個人的に一番嬉しかったのは理が最後に辿り着いた“命の答え”が明確にされなかったということ。これはやはり『ペルソナ3』に触れた人全てが自分で手に入れるべきものでありましょう。その姿は千差万別でいいと思います。なお,この受け取り方で『ペルソナ3』の結末が希望にも絶望にも別れるのが興味深いところ。自分はそれでもなお命と言うものに希望を見出したいと感じました。結末はゲーム通り。これも下手に改変されなくて良かったです。また,故田の中勇が演じるイゴールの言葉が非常に意味深でありました。これは勿論意図されたことでありましょう。

 良くも悪くも『ペルソナ3』の完全映画化と言ったところでありました。総集編ということは,即ち名場面集でもあるということ。存分に内容が詰め込まれた映画化だったと思います。余計な要素を削ぎ落としても,なおこの内容となってしまうのは仕方がないところでありましょう。個人的にニュクス・アバターとの闘いだけでも十分に満足した気分でありました。最後に流れるED曲が『キミの記憶』というのも思わず涙腺が崩壊しそうになります。此処まで観続けたことが十分に満足いくものであったことは幸いでした。非常に素晴らしい映画化だったと思います。それだけで満足であります。
posted by 森山樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想(劇場)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174090257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック